Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::tz_ctime


名前

function::tz_ctime — ローカルのタイムゾーンを使用して、エポックからの経過時間(秒)を、人が判読できる日付/時間の文字列に変換します。

概要

tz_ctime(epochsecs:)

引数

epochsecs
エポックからの経過時間( gettimeofday_sによって返された場合)

説明

gettimeofday_s によって返されるエポックからの経過時間(秒単位)の引数を取ります。ctime と同じ形式の文字列を返しますが、ローカルタイムゾーンのエポック時間をオフセットし、ローカルタイムゾーンの名前を追加します。文字列の長さは異なる可能性があります。タイムゾーン情報はスクリプト起動時にのみ staprun に渡されます。