function::tz_ctime


名前

function::tz_ctime — エポックからの経過時間 (秒単位) を、人が判読できる日付/時間の文字列にローカルのタイムゾーンで変換します。

概要

tz_ctime(epochsecs:)

引数

epochsecs
gettimeofday_s によって返される、エポックからの経過時間 (秒数)。

説明

gettimeofday_s によって返されるエポックからの経過時間 (秒数) の引数を取ります。ctime と同じ形式の文字列を返しますが、ローカルタイムゾーンのエポック時間をオフセットし、ローカルタイムゾーンの名前を加えます。文字列の長さは異なることがあります。タイムゾーン情報はスクリプトの起動時にのみ staprun により渡されます。