function::thread_indent_depth


名前

function::thread_indent_depth — 現在のタスクのネストの深さを返します。

概要

thread_indent_depth:long(delta:long)

引数

delta
各呼び出しに対して追加または削除された深さ。

説明

この関数は、一番外側の初期レベルから始まる、ネストされた関数呼び出しの深さと等しい整数値を返します。この関数は、長いネストの関数呼び出しでトレースのスペース (ホワイトスペースにより消費されます) を節約する場合に役に立ちます。この関数を thread_indent と同様の方法で使用します。つまり、call-probe で、thread_indent_depth(1) を使用し、return-probe で thread_indent_depth(-1) を使用します。