function::target


名前

function::target — ターゲットプロセスのプロセス ID を返します。

概要

target:long()

引数

なし

説明

この関数は、ターゲットプロセスのプロセス ID を返します。これは、-x PID または -c CMD コマンドラインオプションとともに stap に使用すると便利です。たとえば、特定のプロセスでフィルターするスクリプトを作成する場合に使用できます。
-x <pid> target は、-x で指定された pid を返します。
target は、-c で指定された実行済みコマンドの pid を返します。