Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::sprint_usyms


名前

function::sprint_usyms — 文字列からユーザーアドレスのスタックを返します。

概要

sprint_usyms(callers:string)

引数

callers
16 進(ユーザー)アドレスのリストが含まれる文字列

説明

ustackucallers および同様の関数への事前呼び出しの結果となることが仮定される指定の文字列でアドレスのシンボリックルックアップを実行します。
指定の 16 進文字列から単純なバックトレースを返します。1 つのアドレスにつき 1 行。usymdata から取得したシンボル名(シンボルが解決できない場合には 16 進アドレス)とモジュール名(見つかった場合)が含まれます。見つかった場合は、関数の先頭からのオフセットが含まれます。そうでないと、オフセットがモジュールに追加されます(見つかった場合は括弧間)。文字列としてバックトレースを返します (改行文字で終端される各行)。返されたスタックは MAXSTRINGLEN に切り捨てられます。より完牢で優れたスタックを出力するには、print_usyms を使用することに注意してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。