function::sprint_ustack


名前

function::sprint_ustack — 文字列から現在のタスクのスタックを返します。

概要

sprint_ustack:string(stk:string)

引数

stk
現在のタスクの 16 進アドレスのリストが含まれる文字列。

説明

現在のタスクの ubacktrace への事前呼び出しの結果となることが仮定される指定の文字列でアドレスのシンボリックルックアップを実行します。
指定の 16 進文字列から簡単なバックトレースを返します。アドレスごとに 1 行使用します。シンボル名 (またはシンボルを解決できなかった場合は 16 進アドレス) およびモジュール名 (見つかった場合) が含まれます。見つかった場合は関数の始めからのオフセットが含まれ、見つからなかった場合はオフセットはモジュールに追加されます (見つかった場合はかっこで囲む)。バックトレースを文字列として返します (各行は改行文字で終わる)。返されるスタックは MAXSTRINGLEN に切り捨てられます。完全でリッチなスタックを出力するには print_ustack を使用します。

注記

この関数の代わりに sprint_usyms を使用することが推奨されます。