Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::sprint_ubacktrace


名前

function::sprint_ubacktrace — 現在のユーザー空間タスクのスタックバックトレースを文字列として返します。

概要

sprint_ubacktrace:string()

引数

なし

説明

現在のタスクの単純なバックトレースを返します。1 つのアドレスにつき 1 行。シンボル名 (シンボルが解決できない場合は 16 進アドレス) およびモジュール名 (見つかった場合) が含まれます。見つかった場合は、関数の開始点からのオフセットが含まれます。そうでなければ、オフセットはモジュールに追加されます (見つかった場合は括弧間)。文字列としてバックトレースを返します (改行文字で終端される各行)。返されたスタックは MAXSTRINGLEN に切り捨てられます。より完牢で優れたスタックを出力するには、print_ubacktrace を使用することに注意してください。Sprint_ustack(ubacktrace)と同等ですが、より効率的です(16 進文字列と最終バックトレース文字列間の変換は不要)。

備考

ユーザー空間アプリケーションと現在のスクリプトに記述されていない共有ライブラリーの (完全な) バックトレースを取得するには、stap を -d /path/to/exe-or-so で実行するか、または --ldd を追加して必要なすべてのアンワインドデータをロードします。