function::sprint_ubacktrace


名前

function::sprint_ubacktrace — 現在のユーザー空間タスクのスタックバックトレースを文字列として返します。

概要

sprint_ubacktrace:string()

引数

なし

説明

現在のタスクの簡単なバックトレースを返します。アドレスごとに 1 行使用します。シンボル名 (またはシンボルを解決できなかった場合は 16 進アドレス) およびモジュール名 (見つかった場合) が含まれます。見つかった場合は関数の始めからのオフセットが含まれ、見つからなかった場合はオフセットはモジュールに追加されます (見つかった場合はかっこで囲む)。バックトレースを文字列として返します (各行は改行文字で終わる)。返されるスタックは MAXSTRINGLEN に切り捨てられます。完全でリッチなスタックを出力するには print_ubacktrace を使用します。sprint_ustack(ubacktrace) と同等ですが、効率がよくなります (16 進文字列と最終のバックトレース文字列の変換を実行する必要がありません)。

備考

ユーザー空間アプリケーションと現在のスクリプトに記述されていない共有ライブラリーの (完全な) バックトレースを取得するには、stap を -d /path/to/exe-or-so で実行するか、または --ldd を追加して必要なすべてのアンワインドデータをロードします。