Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::returnstr


名前

function::returnstr — 戻り値を文字列としてフォーマットします。

概要

returnstr:string(format:long)

引数

format
戻り値のタイプを決定するための変数

説明

この関数は nd_syscall tapset で使用され、文字列を返します。8 進数は 1(16 進数の場合は 2、8 進数の場合は 3)に設定します。
この関数は、dwarfless プローブ(つまり 'kprobe.function(foo)' でのみ使用する必要があります)。その他のプローブは return_str を使用する必要があります。