function::regparm


名前

function::regparm — 関数をコンパイルするのに使用する regparm 値を指定します。

概要

regparm(n:long)

引数

n
元の regparm 値。

説明

関数が gcc -mregparm=n でビルドされた場合に、*_arg 関数を使用して関数引数にアクセスする前にこの関数を呼び出します。
(i386 カーネルは \-mregparm=3 でビルドされます。従って、systemtap はこのアーキテクチャーでは regparm(3) をカーネル関数のデフォルトと見なします)。i386 と x86_64 でのみ有効です (32 ビットアプリケーションをプローブする場合)。他のアーキテクチャーでは、エラーを発生させます。