function::probefunc


名前

function::probefunc — 既知の場合は、プローブポイントの関数名を返します。

概要

probefunc:string()

引数

なし

説明

この関数は、現在のアドレスに基づいてプローブされる関数の名前を返します。プローブコンテキストに応じて (プローブがユーザープローブであるか、またはカーネルプローブであるか)、symname(addr) または usymname(uaddr) によって計算されます。

注記

この関数の動作は、SystemTap 2.0 とそれより前のバージョンでは異なります。2.0 より前のバージョンでは、probefuncpp により返されたプローブポイント文字列から関数名を取得し、現在のアドレスをフォールバックとして使用していました。
代わりに ppfunc を使用することを検討してください。