Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::probefunc


名前

function::probefunc — 既知の場合は、プローブポイントの関数名を返します。

概要

probefunc:string()

引数

なし

説明

この関数は、プローブのコンテキスト(プローブがユーザープローブまたはカーネルプローブの場合は)に応じて、現在のアドレスに基づいてプローブされる関数の名前を返します。addruaddr

注記

この関数は、SystemTap 2.0 とそれ以前のバージョン間で異なります。2.0 より前のバージョンでは、probefuncpp によって返されるプローブポイント文字列から関数名を取得し、現在のアドレスをフォールバックとして使用します。
代わりに ppfunc の使用を検討してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。