Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::probe_type


名前

function::probe_type — 現在のプローブの低レベルプローブハンドラータイプ。

概要

probe_type:string()

引数

なし

説明

現在のプローブポイントの低レベルプローブハンドラータイプを記述する短い文字列を返します。これは情報提供のみを目的としています。低レベルプローブハンドラーによると、現在のイベントに関する情報を提供したり、現在のイベントに関する情報を提供できません(たとえば、プローブハンドラーはユーザー空間でのみトリガーされ、関連するカーネルコンテキストはありません)。高レベルのプローブは、(systemtap のバージョンや使用されるカーネルによって)同じまたは異なる低レベルのプローブにマッピングされる可能性があります。