function::probe_type


名前

function::probe_type — 現在のプローブの低レベルプローブハンドラー。

概要

probe_type:string()

引数

なし

説明

現在のプローブポイントの低レベルプローブハンドラーを説明する短い文字列を返します。これは、情報提供のみを目的とします。低レベルプローブハンドラーに応じて、異なるコンテキスト関数が現在のイベントに関する情報を提供できたり、できなかったりします (たとえば、一部のプローブハンドラーは、ユーザー空間でのみトリガーされ、関連するカーネルコンテキストを持ちません)。高レベルプローブは、同じ、または異なる低レベルプローブにマップできることがあります (使用している systemtap バージョンとカーネルに依存します)。