function::print_usyms


名前

function::print_usyms — 文字列からユーザースタックを出力します。

概要

print_usyms(callers:string)

引数

callers
16 進 (ユーザー) アドレスのリストが含まれる文字列。

説明

この関数は、ustackucallers、および類似の関数への事前呼び出しの結果となることが仮定される指定の文字列でアドレスのシンボリックルックアップを実行します。
usymdata により取得されるように、アドレスごとに 1 行出力します。アドレス、アドレスが含まれる関数の名前、およびその関数内での推定位置が含まれます。戻り値はありません。