function::print_ubacktrace_brief


名前

function::print_ubacktrace_brief — 現在のユーザー空間タスクのスタックバックトレースを出力します。

概要

print_ubacktrace_brief()

引数

なし

説明

print_ubacktrace と同等ですが、各シンボルの出力が簡素化されます (名前とオフセットのみ、またはシンボルが見つからない場合は 16 進アドレスのみ)。

備考

ユーザー空間アプリケーションと現在のスクリプトに記述されていない共有ライブラリーの (完全な) バックトレースを取得するには、stap を -d /path/to/exe-or-so で実行するか、または --ldd を追加して必要なすべてのアンワインドデータをロードします。