Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::print_syms


名前

function::print_syms — 文字列からカーネルスタックを出力します。

概要

print_syms(callers:string)

引数

callers
16 進(カーネル)アドレスのリストが含まれる文字列

説明

この関数は、stackcallers および同様の関数への事前呼び出しの結果となることが仮定される指定の文字列でアドレスのシンボリックルックアップを実行します。
アドレスごとに 1 行出力します。アドレス、アドレスが含まれる関数の名前、および symdata で取得した関数内の推定位置が含まれます。何も返しません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。