probe::nfs.proc.commit


名前

probe::nfs.proc.commit — サーバーでデータをコミットする NFS クライアント。

概要

nfs.proc.commit 

size
この実行での読み取りバイト。
prot
転送プロトコル。
version
NFS バージョン。
server_ip
サーバーの IP アドレス。
bitmask1
このファイルシステムでサポートされる属性セットを表す V4 ビットマスク。
offset
ファイルオフセット。
bitmask0
このファイルシステムでサポートされる属性セットを表す V4 ビットマスク。

説明

2006 年 12 月にすべての nfs.proc.commit kernel 関数は kernel commit 200baa で削除されました。そのため、これらのプローブは Linux 2.6.21 以降のカーネルには存在しません。
クライアントがバッファーされたデータをディスクに書き込む際に実行されます。バッファーされたデータはそれ以前にクライアントによって非同期に書き込まれます。commit 関数は同期的に機能します。このプローブポイントは NFSv2 には存在しません。