Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

probe::netfilter.ip.forward


名前

probe::netfilter.ip.forward — 他のコンピューターに対処した受信 IP パケットで呼び出されます。

概要

netfilter.ip.forward 

saddr
ソース IP アドレスを表す文字列
sport
TCP または UDP ソースポート(ipv4 のみ)
daddr
宛先 IP アドレスを表す文字列
pf
プロトコルファミリー -- ipv4 または ipv6のいずれか
indev
入力デバイスを表す net_device のアドレス。不明な場合は 0
nf_drop
「drop」決定を示すために使用される定数
nf_queue
「キュー」決定を示すために使用される定数
dport
TCP または UDP 宛先ポート(ipv4 のみ)
iphdr
IP ヘッダーのアドレス
fin
TCP FIN フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
ack
TCP ACK フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
syn
TCP SYN フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
ipproto_udp
パケットプロトコルが UDP であることを示すために使用される定数
outdev_name
ネットワークデバイスパケットの名前は(既知の場合)にルーティングされます。
nf_accept
'accept' の判断を示すのに使用する定数
rst
TCP RST フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
protocol
ドライバーからのパケットプロトコル(ipv4 のみ)
nf_stop
「stop」決定を示すために使用される定数
length
パケットバッファーの内容の長さ(バイト単位)。
nf_stolen
「stolen」決定を示すために使用される定数
urg
TCP URG フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
psh
TCP PSH フラグ(プロトコルが TCP の場合、ipv4 のみ)
ipproto_tcp
パケットプロトコルが TCP であることを示すために使用される定数
indev_name
ネットワークデバイスパケットの名前(既知の場合)
family
IP アドレスファミリー
outdev
出力デバイスを表す net_device のアドレス。不明な場合は 0
nf_repeat
「繰り返し」を伝えるために使用される定数