Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

probe::netfilter.arp.out


名前

probe::netfilter.arp.out — - 各送信 ARP パケットに対して呼び出されます。

概要

netfilter.arp.out 

ar_tip
Ethernet+IP のみ(ar_pro==0x800): ターゲット IP アドレス
nf_drop
「drop」決定を示すために使用される定数
ar_pro
プロトコルアドレスの形式
ar_sip
Ethernet+IP のみ(ar_pro==0x800): ソース IP アドレス
indev
入力デバイスを表す net_device のアドレス。不明な場合は 0
ar_sha
Ethernet+IP のみ(ar_pro==0x800): ソースハードウェア(MAC)アドレス
pf
プロトコルファミリー -- 常に arp
ar_op
ARP opcode(コマンド)
nf_queue
「キュー」決定を示すために使用される定数
ar_hrd
ハードウェアアドレスの形式
nf_accept
'accept' の判断を示すのに使用する定数
ar_data
ARP パケットデータリージョンのアドレス(ヘッダーの後)
ar_tha
Ethernet+IP only (ar_pro==0x800): target hardware (MAC) address
outdev_name
ネットワークデバイスパケットの名前は(既知の場合)にルーティングされます。
nf_stop
「stop」決定を示すために使用される定数
ar_hln
ハードウェアアドレスの長さ
ar_pln
プロトコルアドレスの長さ
nf_stolen
「stolen」決定を示すために使用される定数
length
パケットバッファーの内容の長さ(バイト単位)。
outdev
出力デバイスを表す net_device のアドレス。不明な場合は 0
nf_repeat
「繰り返し」を伝えるために使用される定数
arphdr
ARP ヘッダーのアドレス
indev_name
ネットワークデバイスパケットの名前(既知の場合)