Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

macro::json_output_array_string_value


名前

macro::json_output_array_string_value — アレイ内のメトリックの文字列値を出力します。

概要

@json_output_array_string_value(array_name,array_index,metric_name,value)

引数

array_name
アレイの名前。
array_index
アレイインデックス(文字列として)は、文字列値を保存する場所を示します。
metric_name
文字列メトリクスの名前。
value
出力する文字列値。

説明

json_output_array_string_value マクロは、ユーザーのスクリプト内の「json_data」プローブから呼び出され、アレイ内のメトリクスの文字列値を出力するように設計されています。このメトリクスは json_add_array_string_metric で追加される必要があります。