Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

probe::ioblock_trace.end


名前

probe::ioblock_trace.end — ブロック I/O 転送が完了したときに必ず実行されます。

概要

ioblock_trace.end 

bdev_contains
パーティションを含むデバイスオブジェクトをポイントする(bio 構造がパーティションを表す場合)
flags
I/O 補完の _RW_BLOCK 1 RW_AHEAD 設定の後に dNSName_UPTODATE 0 ok を下回り、read/write would block dNSName_EOF 2 out-out-bounds error dNSName_SEG_VALID 3 nr_hw_seg valid dNSName_CLONED 4 doesn't own data dNSName_BOUNCED 5 bio は、bounce bio_USER_MAPPED 6 にユーザーページ dNSName_EOPNOTSUPP 7 が含まれない
devname
ブロックデバイス名
bytes_done
転送されたバイト数
name
プローブポイントの名前
sector
bio 全体のセクターの開始
ino
マッピングされたファイルの I-node 番号
rw
読み取り/書き込み要求のバイナリートレース
size
合計サイズ(バイト単位)
q
この bio がキューに格納された要求キュー。
idx
bio ベクターアレイへのオフセット phys_segments: 物理アドレスコアレッシングが実行された後のセグメント数
vcnt
この I/O 要求を構成するアレイ要素(ページ、オフセット、長さ)の数を表す bio ベクトル数
bdev
ターゲットブロックデバイス
p_start_sect
デバイスのパーティション構造の開始セクターを参照します。

コンテキスト

プロセスは転送が行われたことを示します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。