5.2. ランタイムエラーおよび警告

ランタイムエラーと警告は、SystemTap インストルメンテーションがインストールされ、システム上でデータを収集すると発生します。
WARNING: Number of errors: N, skipped probes: M

エラー、プローブのスキップ、もしくはこれら両方が実行中に発生しました。N はエラー数で、M は、インターバルの間にイベントハンドラーを実行する時間が足りなかったために実行されなかったなどの理由でスキップされたプローブ数です。

division by 0

スクリプトコードが無効な除算を実行しました。

aggregate element not found

値が累積されていない集合で、@count 以外の統計情報抽出関数が呼び出されました。これは、division by zero と類似したものです。

aggregation overflow

集計値を含むアレイに明確な鍵のペアが過剰にあります。

MAXNESTING exceeded

関数呼び出しの入れ子の試行が多すぎます。許可されるデフォルトの関数呼び出しの入れ子は 10 です。

MAXACTION exceeded

プローブハンドラーによるステートメントの実行の試みが多すぎました。プローブハンドラー内で許可されるデフォルトのアクション数は 1000 です・

kernel/user string copy fault at ADDR

プローブハンドラーが、無効なアドレス (ADDR) でカーネルまたはユーザースペースから文字列をコピーしようとしました。

pointer dereference fault

ターゲット変数の評価など、ポインターの逆参照演算中に障害が発生しました。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。