第1章 はじめに

SystemTap は、オペレーティングシステム (特にカーネル) の動作を詳細に観察および監視できる追跡およびプロービングのツールです。netstatpstopiostat などのツールの出力に似た情報を提供します。ただし、SystemTap は、収集した情報に対して、より多くのフィルタリングと分析オプションを提供するように設計されています。
システム管理者は、SystemTap を、Red Hat Enterprise Linux 5 以降のパフォーマンス監視ツールとして使用できます。特に、他の同様のツールがシステムのボトルネックを特定できず、システムアクティビティーを深く分析する必要がある場合に有用です。同様に、アプリケーション開発者も、SystemTap を使用して、Linux システム内でアプリケーションがどのように動作するかを詳細に監視できます。

1.1. 本ガイドの目的

SystemTap は、分析を詳細に行うために、稼働中の Linux システムを監視するインフラストラクチャーを提供します。これは、管理者や開発者がバグやパフォーマンス問題の根本的な原因を特定する手助けとなります。
SystemTap を使用しないで、実行中のカーネルのアクティビティーを監視しようとすると、インストルメント化、再コンパイル、インストール、および再起動という面倒なプロセスが必要になります。SystemTap を使用するとこのプロセスが不要になり、ユーザーが作成する SystemTap スクリプトを実行するだけで同様の情報を収集できるようになります。
ただし、SystemTap は当初、Linux カーネルに関する中級から上級の知識を備えたユーザーのために設計されました。このため、SystemTap はカーネルに関する知識と経験があまりない管理者や開発者にはあまり有用なものではありません。さらに、既存の SystemTap ドキュメントのほとんどは、同様に知識と経験が豊富なユーザーを対象としています。
これに対し、『SystemTap ビギナーズガイド』 では初級者を対象に、以下を説明します。
  • SystemTap の概要を紹介し、ユーザーがアーキテクチャーに慣れるように、全カーネルタイプの設定手順を提供します。
  • 異なるコンポーネントのシステムで詳細なアクティビティーを監視するための事前作成された SystemTap スクリプトを提供し、それらの実行方法と出力の分析方法を提供します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。