1.2. SystemTap の機能

SystemTap は当初、dprobes や Linux Trace Toolkit のような以前の Linux プロービングツールと同様の機能を Red Hat Enterprise Linux に提供するために開発されました。SystemTap は、ユーザーにカーネルのアクティビティーを追跡するインフラストラクチャーを提供することで、既存の Linux 監視ツールを補完することを目的としています。さらに、SystemTap は、この機能を以下の 2 つの特性と組み合わせます。
  • 柔軟性 - SystemTap のフレームワークを使用すると、幅広いカーネル機能、システムコール、およびカーネルスペースで発生する他のイベントについて、調査および監視目的のシンプルなスクリプトを開発できます。つまり、SystemTap は ツール というよりも、独自のカーネル固有のフォレンジックおよび監視ツールの開発を可能にするシステムといえます。
  • 容易な使用 - 上記で説明したように、SystemTap を使うことでユーザーはカーネルプロセスのインストルメント化、再コンパイル、インストール、および再起動という面倒なプロセスを経ずにカーネルスペースのイベントをプローブできるようになります。
4章便利な SystemTap スクリプト で挙げられている SystemTap スクリプトのほとんどは、他の同様のツール (topOProfile、または ps など) ではネイティブで利用可能ではないシステムフォレンジックや監視機能の例になります。このスクリプトは、SystemTap のアプリケーションの例を提供するために使われており、ユーザーは、独自の SystemTap スクリプト作成時に、この機能を参考にできます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。