4.4. 関連資料

Red Hat Enterprise Linux でユーザーとグループを管理する方法は、下記の資料を参照してください。

インストールされているドキュメント

ユーザーおよびグループの管理に使用する各種ユーティリティーの詳細情報は、以下の man ページを参照してください。

  • useradd(8): useradd コマンドの man ページでは、新しいユーザーを作成する方法が説明されています。
  • userdel(8): userdel コマンドの man ページでは、ユーザーを削除する方法が説明されています。
  • usermod(8): usermod コマンドの man ページでは、ユーザーを変更する方法が説明されています。
  • groupadd(8): groupadd コマンドの man ページでは、新しいグループを作成する方法が説明されています。
  • groupdel(8): groupdel コマンドの man ページでは、グループを削除する方法が説明されています。
  • groupmod(8): groupmod コマンドの man ページでは、グループのメンバーシップを修正する方法が説明されています。
  • gpasswd(1): gpasswd コマンドの man ページでは、/etc/group ファイルを管理する方法が説明されています。
  • grpck(8): grpck コマンドの man ページでは、/etc/group ファイルの統合を確認する方法が説明されています。
  • pwck(8): pwck コマンドの man ページでは、/etc/passwd ファイルおよび /etc/shadow ファイルの統合を確認する方法が説明されています。
  • pwconv(8): pwconvpwunconvgrpconv、および grpunconv の各コマンドの man ページでは、パスワードおよびグループ用にシャドウ情報を変換する方法が説明されています。
  • id(1): id コマンドの man ページでは、ユーザー ID およびグループ ID を表示する方法が説明されています。
  • umask(2): umask コマンドの man ページでは、ファイルモード作成マスクの使用方法が説明されています。

関連する設定ファイルの詳細は、以下をご覧ください。

  • group(5): /etc/group ファイルの man ページでは、システムグループを定義する方法が説明されています。
  • passwd(5): /etc/passwd ファイルの man ページでは、このファイルを使用して、ユーザー情報を定義する方法が説明されています。
  • shadow(5): /etc/shadow ファイルの man ページでは、システムでパスワードおよびアカウントの有効期限情報を設定する方法が説明されています。

オンラインドキュメント

  • Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド: Red Hat Enterprise Linux 7 の セキュリティーガイド では、パスワードのエージングとユーザーアカウントのロックを有効にして、パスワードとワークステーションのセキュリティーを高める追加情報を提供しています。

関連項目

  • 6章権限の取得 では、su および sudo コマンドを使って管理者権限を取得する方法を説明しています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。