12.5. 関連資料

Red Hat Enterprise Linux で OpenSSH サーバーを設定し、接続する方法は、以下の資料を参照してください。

インストールされているドキュメント

  • sshd(8): sshd デーモンの man ページでは、利用可能なコマンドラインオプションと、対応している設定ファイルおよびディレクトリーがすべて説明されています。
  • ssh(1): ssh クライアントアプリケーションの man ページでは、利用可能なコマンドラインオプションと、対応している設定ファイルおよびディレクトリーがすべて説明されています。
  • scp(1): scp ユーティリティーの man ページでは、このユーティリティーの詳細な説明とその使用方法が説明されています。
  • sftp(1) - sftp ユーティリティーの man ページ
  • ssh-keygen(1) - ssh-keygen ユーティリティーの man ページは、このユーティリティーを使用して ssh が使用する認証鍵を生成、管理、変換する詳細な方法が説明されています。
  • ssh_config(5) - ssh_config の man ページでは、利用可能な SSH クライアント設定オプションが説明されています。
  • sshd_config(5) - sshd_config の man ページでは、利用可能な SSH デーモン設定オプションが詳細に説明されています。

オンラインドキュメント

  • OpenSSH Home Page - その他のドキュメントや FAQ、メーリングリストへのリンク、バグレポートなどの役立つリソースを掲載した OpenSSH のホームページです。
  • OpenSSL Home Page - その他のドキュメントや FAQ、メーリングリストへのリンクなどの役立つリソースを掲載した OpenSSL のホームページです。

関連項目

  • 6章権限の取得 では、su および sudo コマンドを使って管理者権限を取得する方法を説明しています。
  • 10章systemd によるサービス管理 では、systemd の詳細情報と、systemctl コマンドを使用してシステムサービスを管理する方法が説明されています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。