Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.4.3. ネームスペースの使用

LMIShell ネームスペースは、利用可能なクラスを組織化する自然な方法を提供し、他のネームスペースおよびクラスへの階層的なアクセスポイントとして機能します。root ネームスペースは、接続オブジェクトの最初のエントリーポイントです。

利用可能なネームスペースの一覧表示

利用可能なネームスペースの一覧を表示するには、以下のように print_namespaces() メソッドを使用します。

object_name.print_namespaces()

object_name を、検査するオブジェクトの名前に置き換えます。このメソッドは、利用可能なネームスペースを標準出力に出力します。

利用可能なネームスペース一覧を取得するには、オブジェクト属性 namespaces にアクセスします。

object_name.namespaces

これは文字列の一覧を返します。

例22.4 利用可能なネームスペースの一覧表示

例22.1「リモートの CIMOM への接続」 で作成した c 接続オブジェクトの root ネームスペースオブジェクトを検査し、利用可能なネームスペースを一覧表示するには、インタラクティブプロンプトに以下のコマンドを入力します。

> c.root.print_namespaces()
cimv2
interop
PG_InterOp
PG_Internal
>

このネームスペースの一覧を変数 root_namespaces に割り当てるには、以下を入力します。

> root_namespaces = c.root.namespaces
>
ネームスペースオブジェクトへのアクセス

特定のネームスペースオブジェクトにアクセスするには、以下の構文を使用します。

object_name.namespace_name

object_name を検査するオブジェクト名に置き換え、namespace_name をアクセスするネームスペース名に置き換えます。これは LMINamespace オブジェクトを返します。

例22.5 ネームスペースオブジェクトへのアクセス

例22.1「リモートの CIMOM への接続」 で作成された c 接続オブジェクトの cimv2 名前空間にアクセスして、ns という名前の変数に割り当てるには インタラクティブプロンプトに以下のコマンドを入力します。

> ns = c.root.cimv2
>