Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.2. OpenLMI のインストール

OpenLMI は RPM パッケージのコレクションとして配布され、これには CIMOM、個別の CIM プロバイダー、およびクライアントアプリケーションが含まれます。これにより、管理システムとクライアントシステムの区別ができ、必要なコンポーネントのみをインストールできるようになります。

22.2.1. 管理システムへの OpenLMI のインストール

管理システム は、OpenLMI クライアントツールを使用して監視および管理が可能なシステムです。管理システムに OpenLMI をインストールするには、以下のステップに従います。

  1. シェルプロンプトで、root で以下のコマンドを入力し、tog-pegasus パッケージをインストールします。

    yum install tog-pegasus

    これで OpenPegasus CIMOM とすべての依存関係がシステムにインストールされ、pegasus ユーザーのユーザーアカウントが作成されます。

  2. 以下のコマンドを root で実行して、必要な CIM プロバイダーをインストールします。

    yum install openlmi-{storage,networking,service,account,powermanagement}

    これでストレージ、ネットワーク、アカウント、および電源管理用の CIM プロバイダーがインストールされます。Red Hat Enterprise Linux 7 で配布される CIM プロバイダーの完全リストは、表22.1「利用可能な CIM プロバイダー」 を参照してください。

  3. /etc/Pegasus/access.conf 設定ファイルを編集して、OpenPegasus CIMOM への接続が許可されるユーザーの一覧をカスタマイズします。デフォルトでは、pegasus ユーザーのみがリモートとローカルの両方で CIMOM にアクセスできます。このユーザーアカウントを有効にするには、root で以下のコマンドを実行して、ユーザーのパスワードを設定します。

    passwd pegasus
  4. tog-pegasus.service ユニットをアクティブにして OpenPegasus CIMOM を起動します。現行セッションで tog-pegasus.service ユニットをアクティブにするには、root でシェルプロンプトに以下を入力します。

    systemctl start tog-pegasus.service

    tog-pegasus.service が起動時に自動的に開始するように設定するには、root で以下を入力します。

    systemctl enable tog-pegasus.service
  5. リモートマシンから管理システムに対話するする場合は、TCP 通信をポート 5989 で有効にします (wbem-https)。現行セッションでこのポートを開くには、root で以下のコマンドを実行します。

    firewall-cmd --add-port 5989/tcp

    ポート 5989 を TCP 通信用に永続的に開いておくには、root で以下を入力します。

    firewall-cmd --permanent --add-port 5989/tcp

これで、「LMIShell の使用」 の説明に従って、管理システムに接続して OpenLMI クライアントツールを使用して対話できます。管理システムで直接 OpenLMI 操作を実行する場合は、「クライアントシステムへの OpenLMI のインストール」 に記載されている手順を完了します。