Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.6.2. カスタムユニットファイルの作成

ユニットファイルをゼロから作成するためのいくつかのユースケースがあります。カスタムデーモンの実行、一部の既存のサービスの 2 つ目のインスタンスの作成( 例10.19「sshd サービスの 2 つ目のインスタンスの作成」など)を作成したり、SysV init スクリプトをインポートしたりできます。「SysV Init スクリプトのユニットファイルへの変換」一方、既存のユニットの動作を変更または拡張する場合は、「既存のユニットファイルの変更」 の手順を使用します。以下の手順では、カスタムサービスを作成する一般的なプロセスを説明します。

  1. カスタムサービスで実行可能なファイルを用意します。カスタムで作成されたスクリプトや、ソフトウェアプロバイダーが提供する実行ファイルがこれにあたります。必要な場合は、カスタムサービスのメインプロセスの PID を保持するため、PID ファイルを用意します。また、サービスのシェル変数を保存するために環境ファイルを組み込むこともできます。(chmod a+x を実行して) ソーススクリプトが実行でき、インタラクティブではないことを確認してください。
  2. /etc/systemd/system/ ディレクトリーにユニットファイルを作成し、ファイルに適切なパーミッションがあることを確認します。root で以下のコマンドを実行します。

    touch /etc/systemd/system/name.service
    chmod 664 /etc/systemd/system/name.service

    name を、作成するサービスの名前に置き換えます。ファイルには実行権限が必要ありません。

  3. 上の手順で作成した name.service ファイルを開き、サービス設定オプションを追加します。作成するサービスのタイプに応じて、さまざまなオプションを使用できます。「 「ユニットファイル構造の概要」 」を参照してください。以下は、ネットワーク関連サービスのユニットの設定例になります。

    [Unit]
    Description=service_description
    After=network.target
    
    [Service]
    ExecStart=path_to_executable
    Type=forking
    PIDFile=path_to_pidfile
    
    [Install]
    WantedBy=default.target

    詳細は以下のようになります。

    • service_description は、ジャーナルログファイルおよび systemctl status コマンドの出力に表示される役立つ説明です。
    • After 設定により、このサービスは、ネットワークが実行してから起動します。関連するサービスまたはターゲットは、スペースで区切って追加します。
    • path_to_executable は、サービス実行ファイルへのパスを表します。
    • Type=forking は、fork システム呼び出しを行うデーモンに使用します。サービスのメインプロセスは、path_to_pidfile で指定した PID で作成されます。その他の起動タイプは 表10.10「[Service] セクションの重要なオプション」 を参照してください。
    • WantedBy では、サービスを起動するターゲットを指定します。ターゲットは、従来のランレベル概念の代替と見なすことができます。詳細は、「systemd ターゲットでの作業」 を参照してください。
  4. root で以下のコマンドを実行すると、新しい name.serviceファイルが存在することが、systemd に通知されます。

    systemctl daemon-reload
    systemctl start name.service
    警告

    新しいユニットファイルを作成したり、既存のユニットファイルを修正したら常に systemctl daemon-reload コマンドを実行します。このコマンドを実行しないと、systemd のステータスと、ディスクの実際のサービスユニットファイルが一致しなくなるため、systemctl start コマンドや systemctl enable コマンドが失敗します。

    name.service ユニットは、「システムサービスの管理」 に記載されているコマンドでその他のシステムサービスとして管理できるようになりました。

例10.18 emacs.service ファイルの作成

Emacs テキストエディターを使用する場合は、ファイルの編集時にプログラムの新規インスタンスを起動するよりも、バックグラウンドで実行する方がスピードが速いため便利です。以下の手順では、Emacs のユニットファイルを作成し、これをサービスのように処理する方法を説明します。

  1. /etc/systemd/system/ ディレクトリーにユニットファイルを作成し、ファイルパーミッションが正しいことを確認してください。root で以下のコマンドを実行します。

    ~]# touch /etc/systemd/system/emacs.service
    ~]# chmod 664 /etc/systemd/system/emacs.service
  2. 以下の内容をファイルに追加します。

    [Unit]
    Description=Emacs: the extensible, self-documenting text editor
    
    [Service]
    Type=forking
    ExecStart=/usr/bin/emacs --daemon
    ExecStop=/usr/bin/emacsclient --eval "(kill-emacs)"
    Environment=SSH_AUTH_SOCK=%t/keyring/ssh
    Restart=always
    
    [Install]
    WantedBy=default.target

    上記の設定では、サービスの起動時に、/usr/bin/emacs 実行ファイルがデーモンモードで開始します。SSH_AUTH_SOCK 環境変数は、ランタイムディレクトリーを表す「%t」ユニット指定子で設定されます。また、emacs プロセスが予期せずに終了した場合は、このサービスによりこれが再開します。

  3. 以下のコマンドを実行して、設定の再読み込みを行い、カスタムサービスを開始します。

    ~]# systemctl daemon-reload
    ~]# systemctl start emacs.service

これでエディターは systemd サービスとして登録されるため、標準的な systemctl コマンドがすべて使用できます。たとえば、systemctl status emacs でエディターのステータスを表示したり、systemctl enable emacs でシステム起動時にエディターを自動的に起動したりできます。

例10.19 sshd サービスの 2 つ目のインスタンスの作成

システム管理者は、サービスのインスタンスを複数設定し、実行しなければならないことが多々あります。これは、サービスの主なインスタンスとの競合を避けるために、元のサービス設定ファイルのコピーを作成し、特定のパラメーターを変更することで実行します。以下の手順は、sshd サービスの 2 つ目のインスタンスを作成する方法を示しています。

  1. 2 つ目のデーモンで使用する、sshd_config ファイルのコピーを作成します。

    ~]# cp /etc/ssh/sshd{,-second}_config
  2. 作成した sshd-second_config ファイルを編集し、2 つ目のデーモンに別のポート番号と PID ファイルを割り当てます。

    Port 22220
    PidFile /var/run/sshd-second.pid

    Port オプションおよび PidFile オプションの詳細は、man ページの sshd_config(5) を参照してください。他のサービスで使用されていないポートを選択してください。PID ファイルはサービスの実行時に存在していなければいけないものではありません。存在しない場合は、サービスの起動時に自動的に生成されます。

  3. sshd サービスの systemd ユニットファイルのコピーを作成します。

    ~]# cp /usr/lib/systemd/system/sshd.service /etc/systemd/system/sshd-second.service
  4. 作成した sshd-second.service を以下のように変更します。

    1. Description オプションを変更します。

      Description=OpenSSH server second instance daemon
    2. After オプションを指定するサービスに sshd.service を追加し、最初のインスタンスが起動した場合に限り 2 つ目のインスタンスが起動するようにします。

      After=syslog.target network.target auditd.service sshd.service
    3. sshd の最初のインスタンスには鍵の生成が含まれるため、ExecStartPre=/usr/sbin/sshd-keygen 行を削除します。
    4. sshd コマンドに -f /etc/ssh/sshd-second_config パラメーターを追加して、代替の設定ファイルが使用されるようにします。

      ExecStart=/usr/sbin/sshd -D -f /etc/ssh/sshd-second_config $OPTIONS
    5. 上記のように変更すると、sshd-second.service は以下のようになります。

      [Unit]
      Description=OpenSSH server second instance daemon
      After=syslog.target network.target auditd.service sshd.service
      
      [Service]
      EnvironmentFile=/etc/sysconfig/sshd
      ExecStart=/usr/sbin/sshd -D -f /etc/ssh/sshd-second_config $OPTIONS
      ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
      KillMode=process
      Restart=on-failure
      RestartSec=42s
      
      [Install]
      WantedBy=multi-user.target
  5. SELinux を使用している場合は、sshd の 2 番目のインスタンスのポートを SSH ポートに追加します。追加しないと、sshd の 2 番目のインスタンスがポートにバインドされません。

    ~]# semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp 22220
  6. システムの起動時にこのサービスが自動的に起動するように、sshd-second.service を有効にします。

    ~]# systemctl enable sshd-second.service

    systemctl status コマンドを使用して sshd-second.service が実行中かどうかを確認します。さらに、ポートをサービスに接続して、適切に有効になっているかどうかを確認します。

    ~]$ ssh -p 22220 user@server

    ファイアウォールを使用している場合は、sshd の 2 番目のインスタンスへの接続を許可するように適切に設定されていることを確認してください。

カスタムユニットファイルの並び順および依存関係のターゲットを適切に選択する方法は、以下の Red Hat ナレッジベースの記事を参照してください。

ユニットファイルの並び順および依存関係にトリガーされたケースの実例の一部と追加情報は、「Is there any useful information about writing unit files?」を参照してください。

systemd が開始するサービスへの制限の設定は、Red Hat ナレッジベースの記事 「RHEL 7 および systemd でサービスに制限を設定する」を参照してください。この制限は、サービスのユニットファイルで設定する必要があります。systemd は、/etc/security/limits.conf 設定ファイルおよび /etc/security/limits.d/*.conf 設定ファイルに設定した制限を無視する点に注意してください。このファイルに定義した制限は、ログインセッションの開始時に PAM により設定されますが、systemd が開始するデーモンは、PAM ログインセッションを使用しません。