Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.3.2. 現在のターゲットの表示

読み込み済みのターゲットユニットの一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl list-units --type target

このコマンドを実行すると、各ターゲットユニットの正式名 (UNIT) の後に、そのユニットが読み込まれているかどうか (LOAD)、そのユニットファイルアクティベーションの状態の概要 (ACTIVE) および詳細 (SUB) な状態、簡単な説明 (DESCRIPTION) が表示されます。

デフォルトでは、systemctl list-units コマンドは、アクティブなユニットのみを表示します。状態に関係なく読み込み済みユニットをすべて表示する場合は、コマンドラインオプションの --all または -a を付けて、以下のコマンドを実行します。

systemctl list-units --type target --all

デフォルトターゲット の表示方法は、「デフォルトターゲットの表示」 を参照してください。現在のターゲットを変更する方法は、「現在のターゲットの変更」 を参照してください。

例10.11 現在のターゲットの表示

現在読み込み済みのターゲットユニットを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

~]$ systemctl list-units --type target
UNIT         LOAD  ACTIVE SUB  DESCRIPTION
basic.target     loaded active active Basic System
cryptsetup.target   loaded active active Encrypted Volumes
getty.target     loaded active active Login Prompts
graphical.target   loaded active active Graphical Interface
local-fs-pre.target  loaded active active Local File Systems (Pre)
local-fs.target    loaded active active Local File Systems
multi-user.target   loaded active active Multi-User System
network.target    loaded active active Network
paths.target     loaded active active Paths
remote-fs.target   loaded active active Remote File Systems
sockets.target    loaded active active Sockets
sound.target     loaded active active Sound Card
spice-vdagentd.target loaded active active Agent daemon for Spice guests
swap.target      loaded active active Swap
sysinit.target    loaded active active System Initialization
time-sync.target   loaded active active System Time Synchronized
timers.target     loaded active active Timers

LOAD  = Reflects whether the unit definition was properly loaded.
ACTIVE = The high-level unit activation state, i.e. generalization of SUB.
SUB  = The low-level unit activation state, values depend on unit type.

17 loaded units listed. Pass --all to see loaded but inactive units, too.
To show all installed unit files use 'systemctl list-unit-files'.