10.3. systemd ターゲットでの作業

以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux は、SysV init または Upstart で配布されており、特定モードのオペレーションを表す事前定義の ランレベル を実装していました。このランレベルは 0 から 6 までの数字で表され、システム管理者が各ランレベルを有効にしたときに実行するシステムサービスが定義されていました。Red Hat Enterprise Linux 7 では、ランレベルの概念が systemd ターゲット に代わっています。

systemd ターゲットは ターゲットユニット で表現されます。ターゲットユニットは .target ファイル拡張子で終わり、その唯一の目的は依存関係の連鎖で他の systemd ユニットをグループ化することです。たとえば、グラフィカルセッションの開始に使用する graphical.target ユニットは、GNOME Display Manager (gdm.service) または Accounts Service (accounts-daemon.service) といったシステムサービスを開始するとともに、multi-user.target ユニットもアクティブにします。同様に、multi-user.target ユニットは、NetworkManager (NetworkManager.service)、D-Bus (dbus.service) といった、その他の必須システムサービスを開始し、basic.target という別のターゲットユニットをアクティブにします。

Red Hat Enterprise Linux 7 では、以前のシステムリリースの標準ランレベルと類似する定義済みターゲットが多数同梱されています。互換性目的で、このターゲットを SysV ランレベルに直接マッピングするエイリアスも提供されています。表10.6「SysV ランレベルと systemd ターゲットの比較」に、SysV ランレベルの完全なリストと、対応する systemd ターゲットを記載します。

表10.6 SysV ランレベルと systemd ターゲットの比較

ランレベルターゲットユニット詳細

0

runlevel0.target, poweroff.target

システムをシャットダウンし、電源を切ります。

1

runlevel1.target, rescue.target

レスキューシェルを設定します。

2

runlevel2.target, multi-user.target

非グラフィカルなマルチユーザーシステムを設定します。

3

runlevel3.target, multi-user.target

非グラフィカルなマルチユーザーシステムを設定します。

4

runlevel4.target, multi-user.target

非グラフィカルなマルチユーザーシステムを設定します。

5

runlevel5.target, graphical.target

グラフィカルなマルチユーザーシステムを設定します。

6

runlevel6.target, reboot.target

システムをシャットダウンして再起動します。

systemd ターゲットを表示、変更、または設定するには、表10.7「SysV init コマンドと systemctl の比較」 および以下のセクションの説明に従って systemctl ユーティリティーを使用します。runlevel コマンドおよび telinit コマンドは今も利用でき、期待どおりに機能しますが、このコマンドは互換性のために同梱されているため、なるべく使用しないでください。

表10.7 SysV init コマンドと systemctl の比較

古いコマンド新しいコマンド詳細

runlevel

systemctl list-units --type target

現在読み込まれているターゲットユニットを一覧表示します。

telinit runlevel

systemctl isolate name.target

現在のターゲットを変更します。

10.3.1. デフォルトターゲットの表示

デフォルトでどのターゲットユニットが使用されるかを決定するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl get-default

このコマンドは、/etc/systemd/system/default.target にあるシンボリックリンクを解決して、結果を表示します。デフォルトのターゲット変更する方法は 「デフォルトターゲットの変更」 を参照してください。現在、読み込み済みのターゲットユニットを一覧表示する方法は 「現在のターゲットの表示」 を参照してください。

例10.10 デフォルトターゲットの表示

デフォルトのターゲットユニットを表示するには、以下のコマンドを実行します。

~]$ systemctl get-default
graphical.target

10.3.2. 現在のターゲットの表示

読み込み済みのターゲットユニットの一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl list-units --type target

このコマンドを実行すると、各ターゲットユニットの正式名 (UNIT) の後に、そのユニットが読み込まれているかどうか (LOAD)、そのユニットファイルアクティベーションの状態の概要 (ACTIVE) および詳細 (SUB) な状態、簡単な説明 (DESCRIPTION) が表示されます。

デフォルトでは、systemctl list-units コマンドは、アクティブなユニットのみを表示します。状態に関係なく読み込み済みユニットをすべて表示する場合は、コマンドラインオプションの --all または -a を付けて、以下のコマンドを実行します。

systemctl list-units --type target --all

デフォルトターゲット 「デフォルトターゲットの表示」 の表示方法は、を参照してください。現在のターゲットを変更する方法は、「現在のターゲットの変更」 を参照してください。

例10.11 現在のターゲットの表示

現在読み込み済みのターゲットユニットを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

~]$ systemctl list-units --type target
UNIT         LOAD  ACTIVE SUB  DESCRIPTION
basic.target     loaded active active Basic System
cryptsetup.target   loaded active active Encrypted Volumes
getty.target     loaded active active Login Prompts
graphical.target   loaded active active Graphical Interface
local-fs-pre.target  loaded active active Local File Systems (Pre)
local-fs.target    loaded active active Local File Systems
multi-user.target   loaded active active Multi-User System
network.target    loaded active active Network
paths.target     loaded active active Paths
remote-fs.target   loaded active active Remote File Systems
sockets.target    loaded active active Sockets
sound.target     loaded active active Sound Card
spice-vdagentd.target loaded active active Agent daemon for Spice guests
swap.target      loaded active active Swap
sysinit.target    loaded active active System Initialization
time-sync.target   loaded active active System Time Synchronized
timers.target     loaded active active Timers

LOAD  = Reflects whether the unit definition was properly loaded.
ACTIVE = The high-level unit activation state, i.e. generalization of SUB.
SUB  = The low-level unit activation state, values depend on unit type.

17 loaded units listed. Pass --all to see loaded but inactive units, too.
To show all installed unit files use 'systemctl list-unit-files'.

10.3.3. デフォルトターゲットの変更

システムがデフォルトで異なるターゲットユニットを使用するように設定するには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl set-default name.target

name を、デフォルトで使用するターゲットユニットの名前 (multi-user など) に置き換えます。このコマンドにより、/etc/systemd/system/default.target ファイルが、/usr/lib/systemd/system/name.target へのシンボリックリンクに置き換わります。name は、使用するターゲットユニットの名前になります。現在のターゲットを変更する方法は、「現在のターゲットの変更」 を参照してください。現在、読み込み済みのターゲットユニットを一覧表示する方法は 「現在のターゲットの表示」 を参照してください。

例10.12 デフォルトターゲットの変更

デフォルトで multi-user.target ユニットを使用するようにシステムを設定するには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# systemctl set-default multi-user.target
rm '/etc/systemd/system/default.target'
ln -s '/usr/lib/systemd/system/multi-user.target' '/etc/systemd/system/default.target'

10.3.4. 現在のターゲットの変更

現行セッションで異なるターゲットユニットに変更するには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl isolate name.target

name を、使用するターゲットユニットの名前 (multi-user など) に置き換えます。このコマンドは、name という名前のターゲットユニットと、その従属ユニットをすべて起動し、その他のユニットを直ちに停止します。デフォルトのターゲット変更する方法は 「デフォルトターゲットの変更」 を参照してください。現在、読み込み済みのターゲットユニットを一覧表示する方法は 「現在のターゲットの表示」 を参照してください。

例10.13 現在のターゲットの変更

グラフィカルユーザーインターフェースを無効にし、現行セッションで multi-user.target ユニットに変更するには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# systemctl isolate multi-user.target

10.3.5. レスキューモードへの変更

レスキューモード は、便利なシングルユーザー環境を提供し、通常の起動プロセスを完了できない状況でのシステムの修復を可能にします。レスキューモードでは、システムはすべてのローカルファイルシステムのマウントと、いくつかの重要なシステムサービスの開始を試みますが、ネットワークインターフェースをアクティブにしたり、他のユーザーによるシステムへの同時ログインを許可したりすることはしません。Red Hat Enterprise Linux 7 では、レスキューモードはシングルユーザーモードと同等であり、single user mode パスワードを必要とします。

現在のターゲットを変更し、現行セッションでレスキューモードに入るには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl rescue

このコマンドは systemctl isolate rescue.target と似ていますが、システムに現在ログインしているすべてのユーザーに情報メッセージを送信します。systemd がこのメッセージを送信しないようにするには、コマンドラインオプション --no-wall を付けてこのコマンドを実行します。

systemctl --no-wall rescue

緊急モードに入る方法は「緊急モードへの変更」を参照してください。

例10.14 レスキューモードへの変更

現行セッションでレスキューモードに入るには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# systemctl rescue

Broadcast message from root@localhost on pts/0 (Fri 2013-10-25 18:23:15 CEST):

The system is going down to rescue mode NOW!

10.3.6. 緊急モードへの変更

緊急モード は、可能な限り最小限の環境を提供し、レスキューモードに入れないシステム状態でのシステムの修復を可能にします。緊急モードでは、システムは root ファイルシステムを読み込み専用でマウントし、他のローカルファイルシステムのマウントは試みません。また、ネットワークインターフェースのアクティブ化も行わず、限定的な必須サービスのみを起動します。Red Hat Enterprise Linux 7 では、緊急モードでは root パスワードが必要です。

現在のターゲットを変更し、緊急モードに入るには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl emergency

このコマンドは systemctl isolate emergency.target と似ていますが、システムに現在ログインしているすべてのユーザーに情報メッセージを送信します。systemd がこのメッセージを送信しないようにするには、コマンドラインオプション --no-wall を付けてこのコマンドを実行します。

systemctl --no-wall emergency

レスキューモードに入る方法は 「レスキューモードへの変更」 を参照してください。

例10.15 緊急モードへの変更

現在システムにログインしている全ユーザーにメッセージを送信せずに緊急モードに入るには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# systemctl --no-wall emergency

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。