Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.2.2. サービスステータスの表示

システムサービスに対応するサービスユニットに関する詳細情報を表示するには、シェルプロンプトで以下を実行します。

systemctl status name.service

name を、確認するサービスユニット名 (gdm など) に置き換えます。このコマンドは、選択したサービスユニット名の後に、表10.5「利用可能なサービスユニットの情報」 に記載されている 1 つ以上のフィールドと、root ユーザーによって実行された場合は 最新のログエントリーが表示されます。

表10.5 利用可能なサービスユニットの情報

フィールド詳細

Loaded

サービスユニットが読み込まれているかどうか、ユニットファイルへの絶対パス、ユニットが有効かどうかについての説明

Active

サービスユニットが実行中かどうかの説明と、タイムスタンプ

Main PID

対応するシステムサービスの PID と、その名前

状態

対応するシステムサービスに関する追加情報

Process

関連プロセスに関する追加情報

CGroup

関連するコントロールグループ (cgroup) に関する追加情報

特定のサービスユニットが実行中かどうかだけを確認する場合は、以下のコマンドを実行します。

systemctl is-active name.service

同様に、特定のサービスユニットが有効かどうかを確認するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl is-enabled name.service

systemctl is-active および systemctl is-enabled は両方とも、指定したサービスユニットが実行中または有効な場合に、終了ステータス 0 を返すことに注意してください。現在読み込み済みのサービスユニットの一覧を表示する方法は、「サービスの一覧表示」 を参照してください。

例10.2 サービスステータスの表示

GNOME Display Manager のサービスユニット名は gdm.service になります。このサービスユニットの現在のステータスを確認するには、シェルプロンプトで次のコマンドを実行します。

~]# systemctl status gdm.service
gdm.service - GNOME Display Manager
  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/gdm.service; enabled)
  Active: active (running) since Thu 2013-10-17 17:31:23 CEST; 5min ago
 Main PID: 1029 (gdm)
  CGroup: /system.slice/gdm.service
      ├─1029 /usr/sbin/gdm
      ├─1037 /usr/libexec/gdm-simple-slave --display-id /org/gno...
      └─1047 /usr/bin/Xorg :0 -background none -verbose -auth /r...

Oct 17 17:31:23 localhost systemd[1]: Started GNOME Display Manager.

例10.3 サービスの前に開始するサービスの表示

特定のサービスの前に開始するサービスを確認するには、シェルプロンプトで次のコマンドを実行します。

~]# systemctl list-dependencies --after gdm.service
gdm.service
├─dbus.socket
├─getty@tty1.service
├─livesys.service
├─plymouth-quit.service
├─system.slice
├─systemd-journald.socket
├─systemd-user-sessions.service
└─basic.target
[output truncated]

例10.4 サービスの後に開始するサービスの表示

特定のサービスの後に開始するサービスを確認するには、シェルプロンプトで次のコマンドを実行します。

~]# systemctl list-dependencies --before gdm.service
gdm.service
├─dracut-shutdown.service
├─graphical.target
│ ├─systemd-readahead-done.service
│ ├─systemd-readahead-done.timer
│ └─systemd-update-utmp-runlevel.service
└─shutdown.target
 ├─systemd-reboot.service
 └─final.target
  └─systemd-reboot.service