Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.2.5. サービスの再開

システムサービスに対応するサービスユニットを再開する場合は、root で次のコマンドを実行します。

systemctl restart name.service

name を、再開するサービスユニット名 (たとえば、httpd) に置き換えます。このコマンドは、現行セッションで選択したサービスユニットを停止し、即座に再起動します。重要なのは、選択したサービスユニットが実行中でないと、このコマンドがそのサービスユニットを起動するということです。対応するサービスがすでに実行中の場合にのみ、サービスユニットを再起動するように systemd に設定するには、root で以下のコマンドを実行します。

systemctl try-restart name.service

システムサービスによっては、サービスの実行を中断することなく設定の再読み込みが可能です。これを実行するには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl reload name.service

システムサービスがこの機能をサポートしない場合は、このコマンドが無視されることに注意してください。代わりに、systemctl コマンドでは、この機能をサポートしないサービスを代わりに再起動する reload-or-restart コマンドおよび reload-or-try-restart コマンドもサポートします。特定のサービスユニットのステータスを確認する方法は、「サービスステータスの表示」 を参照してください。

例10.7 サービスの再開

ユーザーが不要なエラーメッセージや、部分的に表示される Web ページに遭遇しないようにするため、Apache HTTP Server では設定を再起動したり、処理されたリクエストをアクティブに妨害したりせずに、設定を編集したり再読み込みしたりできます。これを行うには、root で次のコマンドを実行します。

~]# systemctl reload httpd.service