Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.4.4. システムの休止状態

システムを休止状態にするには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl hibernate

このコマンドは、システムの状態をハードディスクドライブに保存し、マシンの電源を切ります。マシンの電源を戻すと、システムは再起動せずに、保存されたデータからその状態を復元します。システムの状態が RAM ではなくハードディスクに保存されるため、マシンが RAM モジュールに電力を維持する必要がありません。ただし、システムの休止状態から復元する場合は、サスペンドモードからの復元と比べて大幅に遅くなります。

システムを休止状態にしてサスペンドするには、root で次のコマンドを実行します。

systemctl hybrid-sleep

システムをサスペンドする方法は、「システムのサスペンド」 を参照してください。