Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. hwclock コマンドの使用

hwclock は、ハードウェアクロックにアクセスするためのユーティリティーです。これは、リアルタイムクロック (RTC) とも呼ばれています。ハードウェアクロックは使用中のオペレーティングシステムから独立しており、マシンがシャットダウンしても作動します。このユーティリティーは、ハードウェアクロックからの時間を表示するために使用されます。また、hwclock には、ハードウェアクロック内のシステム上のドリフトを補正する機能も含まれています。

ハードウェアクロックタイムは、年、月、日、時間、分、秒の値を保存します。ローカルタイムや協定世界時 (UTC) の時刻を保存したり、夏時間 (DST) を設定したりすることはできません。

hwclock ユーティリティーは、/etc/adjtime ファイルにその設定を保存します。このファイルは、時刻を手動で設定したり、ハードウェアクロックをシステム時間に同期したりするなどの初回の変更時に作成されます。

注記

Red Hat Enterprise Linux 6 では、システムのシャットダウンまたは再起動ごとに hwclock コマンドが自動的に実行されていましたが、Red Hat Enterprise Linux 7 には含まれていません。システムクロックが Network Time Protocol (NTP) または Precision Time Protocol (PTP) に同期される場合は、カーネルが 11分ごとに自動的にハードウェアクロックをシステムクロックに同期します。

NTP の詳細は、18章chrony スイートを使用した NTP 設定 および 19章ntpd を使用した NTP 設定 を参照してください。PTP の詳細は、20章ptp4l を使用した PTP の設定 を参照してください。実行中にハードウェアクロックを設定する方法は、 ntpdateを参照してください。「ハードウェアクロック更新の設定」

3.3.1. システムの現在日時の表示

root ユーザーで、オプションを付けずに hwclock を実行すると、標準出力にローカルタイムの日時が返されます。

hwclock

hwclock コマンドで --utc オプションまたは --localtime オプションを指定しても、ハードウェアクロック時間が UTC またはローカルタイムで表示される訳ではないことに注意してください。これらのオプションは、ハードウェアクロックのいずれかの設定を変更するために使用されます。この時間は常にローカル時間で表示されます。したがって、hwclock --utc または hwclock --local コマンドを実行しても、/etc/adjtime 保存された設定が変更されるわけではありません。このコマンドは、/etc/adjtime に保存されている設定が正しくないことを把握していて設定を変更したくない場合に便利です。一方、このコマンドを誤った方法で使用すると、誤解を招く情報を受け取る可能性があります。詳細は、hwclock(8) man ページを参照してください。

例3.9 システムの現在日時の表示

ハードウェアクロックからシステムの現在の日付およびローカルタイムを表示するには、root で以下を実行します。

~]# hwclock
Tue 15 Apr 2017 04:23:46 PM CEST   -0.329272 seconds

CEST は 中央ヨーロッパ夏時間 (Central European Summer Time) の省略形です。

タイムゾーンの変更方法は 「タイムゾーンの変更」 を参照してください。