Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3.5.2. chrony ソースの確認

sources コマンドは、chronyd がアクセスしている現在の時間ソースの情報を表示します。

任意の引数 -v (verbose (詳細) の意) を指定できます。この例では、余分なキャプション行は、コラムの意味を説明するものとして表示されます。

~]$ chronyc sources
	210 Number of sources = 3
MS Name/IP address     Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
#* GPS0             0  4  377  11  -479ns[ -621ns] +/- 134ns
^? a.b.c             2  6  377  23  -923us[ -924us] +/-  43ms
^+ d.e.f             1  6  377  21 -2629us[-2619us] +/-  86ms

各コラムの表示内容は、以下のとおりです。

M
ソースのモードを示します。^ はサーバーを意味し、= はピアを意味し、# はローカルに接続された基準クロックを意味します。
S
この列は、ソースの状態を示します。「*」は、chronyd が現在同期しているソースを表します。「+」は、選択したソースと結合する、受け入れ可能なソースを表します。「-」は、受け入れ可能なソースで、結合アルゴリズムにより除外されたものを表します。「?」は、接続が切断されたソース、またはパケットがすべてのテストをパスしないソースを表します。「x」は、chronydfalseticker と考える (つまり、その時間が他の大半のソースと一致しない) クロックを表します。「~」は、時間の変動性が大きすぎるように見えるソースを表します。「?」条件は、少なくとも 3 つのサンプルが収集されるまで開始時にも表示されます。
Name/IP address
ソースの名前または IP アドレス、もしくは基準クロックの参照 ID を表示します。
Stratum
直近で受け取ったサンプルでレポートされているソースの stratum を表示します。Stratum 1 は、ローカルで基準クロックに接続しているコンピューターを示します。Stratum 1 コンピューターに同期しているコンピューターは、stratum 2 に存在することになります。同じく、Stratum 2 コンピューターに同期しているコンピューターは stratum 3 に存在することになり、以後も同様に続きます。
Poll

ソースがポーリングされるレートで、間隔のベース-2 対数を秒数で示します。つまり、値が 6 の場合は、64 秒ごとに測定が行われます。

chronyd は、一般的な条件に応じて、ポーリングレートを自動的に変更します。

Reach
ソースの到達可能性のレジスターで、8 進法で表示されます。レジスターは 8 ビットで、ソースからパケットを受信するたびに、またはミスするたびに更新されます。値が 377 の場合は、最近の 8 回の通信全体で、有効な返信を受け取ったことを表します。
LastRx
このコラムは、ソースから最後のサンプルがいつ受信されたかを表示します。通常は、秒数で表示されます。mhd、および y の各文字は、それぞれ分、時間、日、年を表します。値が 10 年の場合は、このソースからまだサンプルを受信していないことを示します。
Last sample
この列は、ローカルクロックと、最後に測定されたソースの間のオフセットを表示します。角括弧内の数字は、実際に測定されたオフセットを表示します。これには ns (ナノ秒)、us (マイクロ秒)、ms (ミリ秒)、または s (秒) の各接尾辞が付く場合があります。角括弧の左側は元の測定を示し、slew がそれ以降にローカルクロックに適用可能になるように調整されています。+/- に続く数字は、測定におけるエラーのマージンを示します。オフセットの値がプラスの場合は、ローカルクロックがソースよりも進んでいることを意味します。