Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3.5.3. chrony ソースの統計情報の確認

sourcestats コマンドは、chronyd が現在調べている各ソースに関するドリフト量とオフセット推定プロセスの情報を表示します。

任意の引数 -v (verbose (詳細) の意) を指定できます。この例では、余分なキャプション行は、コラムの意味を説明するものとして表示されます。

~]$ chronyc sourcestats
210 Number of sources = 1
Name/IP Address      NP NR Span Frequency Freq Skew Offset Std Dev
===============================================================================
abc.def.ghi        11  5  46m   -0.001   0.045   1us  25us

各コラムの表示内容は、以下のとおりです。

Name/IP address
これは、NTP サーバー (またはピア) の名前または IP アドレス、またはその行の残りの部分が関連する基準クロックの参照 ID です。
NP
現在サーバーで保持されているサンプルポイントの数です。誤差レートと現在のオフセットは、このポイントを使って線形回帰を実行することで予測されます。
NR
最新の回帰を追跡している同一サインを持つ剰余の実行数です。この数字がサンプル数に対して少なくなりすぎる場合は、直線がデータに適合しなくなったことを意味します。実行数が少なすぎる場合、chronyd は古いサンプルを破棄し、実行数が受け入れ可能な値になるまで回帰を再実行します。
Span
一番古いサンプルと最新のサンプルの間隔です。単位が表示されない場合は、秒数を表しています。この例の間隔は 46 分です。
Frequency
これは予測されるサーバーの剰余周波数で、ppm (100 万分の 1) で表されます。この場合、このコンピューターのクロックは、このサーバーに対比して 109 分の 1 遅く稼働していると見積もられています。
Freq Skew
Freq の予測されるエラー範囲です (ppm (100 万分の 1) で表されます) 。
Offset
ソースの予測されるオフセットです。
Std Dev
サンプルの予測される標準偏差です。