Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.3.3. 自動レポーティングの設定

ABRT は、検出されたすべての問題またはクラッシュの最初の匿名レポート (μReports とも呼ぶ) をユーザーの対話なしに自動送信するように設定できます。自動レポーティングがオンになっていると、クラッシュ検出の直後に、通常クラッシュレポーティングプロセスの最初に送信される μReport が送信されます。これにより、同一クラッシュについてのサポートケースの重複を効果的に防ぐことができます。自動レポーティング機能を有効にするには、root で以下のコマンドを発行します。

~]# abrt-auto-reporting enabled

上記のコマンドは、/etc/abrt/abrt.conf 設定ファイルの AutoreportingEnabled ディレクティブ を yes に設定します。このシステムワイドの設定は、システムの全ユーザーに適用されます。このオプションを有効にすると、グラフィカルデスクトップ環境でも自動レポーティングが有効になることに注意してください。ABRT GUI の自動レポーティングのみを有効にするには、Problem Reporting Configuration ウィンドウ内で Automatically send uReport オプションを YES に切り替えてください。このウィンドウを開くには、gnome-abrt アプリケーションの実行中のインスタンス内で Automatic Bug Reporting ToolABRT Configuration を選択します。アプリケーションを起動するには、ApplicationsSundryAutomatic Bug Reporting Tool に移動します。

図25.2 ABRT 問題報告ツールの設定

ABRT GUIアプリケーションの構成ウィンドウのスクリーンショット。

デフォルトでは、ABRT はクラッシュを検出すると、問題の基本情報を含む μReport を Red Hat の ABRT サーバーに提出します。サーバーは問題が既知のものかどうかを判断し、既知の場合はそのケースの URL と問題の簡単な説明を提供します。既知でない場合は、ユーザーに報告するように促します。

注記

μReport (マイクロレポート) は、バイナリークラッシュやカーネル oops などの問題を表す JSON オブジェクトです。これらのレポートは、簡潔で、マシンが読み取ることができ、完全に匿名になるように設計されています。これが自動レポートに使用できる理由です。μReports を使用すると、バグの発生を追跡できます。ただし、通常はエンジニアがバグを修正するのに十分な情報を提供しません。サポートケースを作成するには、詳細なバグレポートが必要になります。

自動レポーティング機能の動作について、μReport の送信から別の動作に変更するには、/etc/abrt/abrt.conf 設定ファイルの AutoreportingEvent の値を別の ABRT 胃ベンドに変更します。標準イベントの概要は、表25.1「標準 ABRT イベント」 を参照してください。