Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.2. ABRT のインストールとサービスの起動

ABRT を使用するには、abrt-desktop または abrt-cli パッケージがシステムにインストールされていることを確認します。abrt-desktop パッケージは ABRT 用のグラフィカルユーザーインターフェースを提供し、abrt-cli パッケージにはコマンドラインで ABRT を使用するためのツールが含まれています。この両方をインストールすることもできます。ABRT GUI とコマンドラインツールのいずれを使用しても、全般的な手順は大きく変わりません。

警告

ABRT パッケージをインストールすると、コアダンプファイルの命名に使用するテンプレートを含む /proc/sys/kernel/core_pattern ファイルが上書きされることに注意してください。このファイルのコンテンツは、以下のように上書きされます。

|/usr/libexec/abrt-hook-ccpp %s %c %p %u %g %t e

Yum パッケージマネージャーを使用してパッケージをインストールする方法は、「パッケージのインストール」 を参照してください。

25.2.1. ABRT GUI のインストール

ABRT グラフィカルユーザーインターフェース は、デスクトップ環境での作業用の操作が容易なフロントエンドを提供します。root ユーザーで以下のコマンドを実行すると、必要なパッケージがインストールできます。

~]# yum install abrt-desktop

インストール時、グラフィカルデスクトップセッションの開始時に ABRT 通知アプレットが自動的に開始するように設定されます。ターミナルで以下のコマンドを発行すると、ABRT アプレットが実行中であることを確認できます。

~]$ ps -el | grep abrt-applet
0 S  500 2036 1824 0 80  0 - 61604 poll_s ?    00:00:00 abrt-applet

アプレットが実行していない場合には、以下のように abrt-applet プログラムを実行すると、現行のデスクトップセッションでアプレットを手動で起動できます。

~]$ abrt-applet &
[1] 2261