13.2. 既存のデスクトップの起動

デフォルトでは、ログインしているユーザーはディスプレイ 0 の X サーバーにより提供されたデスクトップを使用します。ユーザーは TigerVNC サーバー x0vncserver を使用してデスクトップを共有できます。

X デスクトップの共有

ログインしているユーザーのデスクトップを x0vncserver を使用して共有するには、以下の手順を実行します。

  1. root で次のコマンドを実行します。

    ~]# yum install tigervnc-server
  2. ユーザーの VNC パスワードを設定します。

    ~]$ vncpasswd
    Password:
    Verify:
  3. そのユーザーで以下のコマンドを入力します。

    ~]$ x0vncserver -PasswordFile=.vnc/passwd -AlwaysShared=1

ファイアウォールがポート 5900 への接続を許可するよう設定されている場合、リモートビューアーはディスプレイ 0 に接続し、ログインしているユーザーのデスクトップを表示できます。ファイアウォールの設定方法は 「VNC のためのファイアウォールの設定」 を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。