Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.3.3. SSH を使用した VNC サーバーへの接続

VNC は、通信への攻撃に対するセキュリティーがないクリアテキストネットワークプロトコルです。通信をセキュアにするには、-via オプションを指定してサーバークライアント接続を暗号化します。これにより、VNC サーバーとクライアントとの間に SSH トンネルが作成されます。

VNC サーバークライアント接続を暗号化するコマンドの形式は以下のとおりです。

vncviewer -via user@host:display_number

例13.1 -via オプションの使用

  1. SSH を使用して VNC サーバーに接続するには、以下のようなコマンドを入力します。

    ~]$ vncviewer -via USER_2@192.168.2.101:3
  2. プロンプトが表示されたら、パスワードを入力し、Enter を押して確認します。
  3. リモートデスクトップのウィンドウが画面に表示されます。
VNC アクセスの制限

暗号化した接続のみを選択する場合は、systemd.service ファイルの ExecStart 行で -localhost オプションを使用すると、暗号化されていない接続を完全に回避できます。

ExecStart=/usr/sbin/runuser -l user -c "/usr/bin/vncserver -localhost %i"

これにより、vncserver は、-via オプションの結果として SSH を使用して送信されたローカルホストおよびポート転送された接続以外の接続を許可しません。

SSH の使用の詳細は、12章OpenSSH を参照してください。