Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.2. PTP の使用

PTP を使用するには、対象とするインターフェース用のカーネルネットワークドライバーがソフトウェアまたはハードウェアのタイムスタンプ機能をサポートしている必要があります。

20.2.1. ドライバーおよびハードウェアサポートの確認

ドライバーがハードウェアタイムスタンプをサポートしていることに加え、NIC も物理的なハードウェアでこの機能をサポートできる必要があります。特定のドライバーおよび NIC のタイムスタンプ機能を検証する最善の方法は、以下のように ethtool ユーティリティーを使ってインターフェースにクエリーすることです。

~]# ethtool -T eth3
Time stamping parameters for eth3:
Capabilities:
    hardware-transmit   (SOF_TIMESTAMPING_TX_HARDWARE)
    software-transmit   (SOF_TIMESTAMPING_TX_SOFTWARE)
    hardware-receive   (SOF_TIMESTAMPING_RX_HARDWARE)
    software-receive   (SOF_TIMESTAMPING_RX_SOFTWARE)
    software-system-clock (SOF_TIMESTAMPING_SOFTWARE)
    hardware-raw-clock  (SOF_TIMESTAMPING_RAW_HARDWARE)
PTP Hardware Clock: 0
Hardware Transmit Timestamp Modes:
    off          (HWTSTAMP_TX_OFF)
    on          (HWTSTAMP_TX_ON)
Hardware Receive Filter Modes:
    none         (HWTSTAMP_FILTER_NONE)
    all          (HWTSTAMP_FILTER_ALL)

ここでの eth3 は、チェックするインターフェースになります。

ソフトウェアタイムスタンプのサポートについては、パラメーター一覧に以下を含めます。

  • SOF_TIMESTAMPING_SOFTWARE
  • SOF_TIMESTAMPING_TX_SOFTWARE
  • SOF_TIMESTAMPING_RX_SOFTWARE

ハードウェアタイムスタンプのサポートについては、パラメーター一覧に以下を含めます。

  • SOF_TIMESTAMPING_RAW_HARDWARE
  • SOF_TIMESTAMPING_TX_HARDWARE
  • SOF_TIMESTAMPING_RX_HARDWARE