Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.10. timemaster を使用した PTP または NTP 時間への同期

複数の PTP ドメインがネットワーク上で利用できるか、または NTP へのフォールバックが必要な場合、timemaster プログラムを使用して、利用可能なすべてのタイムソースにシステムクロックを同期できます。PTP 時間は、共有メモリードライバー (chronyd または ntpd への SHM のリファレンスクロック) から phc2sys および ptp4l で提供されます (システム上で設定されている NTP デーモンにより異なります)。NTP デーモンは次に、すべてのタイムソース、PTP および NTP の両方を比較でき、システムクロックを同期させるのに最善のソースを使用できます。

開始時に、timemasterNTP および PTP タイムソースを指定する設定ファイルを読み取り、独自のクロックを持つか、または PTP ハードウェアクロック (PHC) を共有するネットワークインターフェースを確認し、ptp4l および chronyd または ntpd の設定ファイルを生成し、必要に応じて ptp4lphc2sys、および chronyd または ntpd プロセスを起動します。終了時には生成された設定ファイルは削除されます。chronydntpdptp4l の設定ファイルは /var/run/timemaster/ に書き込まれます。

20.10.1. timemaster をサービスとして起動

timemaster をサービスとして起動するには、root で以下のコマンドを発行します。

~]# systemctl start timemaster

これにより、 /etc/timemaster.conf のオプションが読み取られます。Red Hat Enterprise Linux 7 でのシステムサービスの管理に関する詳細は、10章systemd によるサービス管理 を参照してください。