Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.6.3.2. SSH 接続の確立

SSH 接続を使用できるようにするには、公開鍵と秘密鍵からなる鍵ペアを作成します。

鍵ファイルを作成してサーバーへコピー

  1. 公開鍵と秘密鍵を生成するには、以下を実行します。

    ~]$ ssh-keygen

    この鍵はともに ~/.ssh/ ディレクトリーに保存されます。

    • ~/.ssh/id_rsa.pub: 公開鍵
    • ~/.ssh/id_rsa: 秘密鍵

      公開鍵が秘密である必要はありません。秘密鍵の確認に使用されます。秘密鍵は秘密となります。秘密鍵を、鍵の生成プロセスで指定するパスフレーズで保護するように選択できます。パスフレーズにより認証はさらに安全となりますが、これを設定するとパスワードが毎回必要になります。パスワードを毎回入力するのを回避するには、ssh-agent コマンドを利用します。これにより、パスフレーズを入力するのはセッション開始時の 1 回のみとなります。ssh-agent 設定の詳細は、「鍵ベース認証の使用」 を参照してください。

  2. 最近変更した公開鍵を、ログインするリモートマシンにコピーします。

    ~]# ssh-copy-id USER@hostname

    その結果、パスワードを入力することなく、安全な方法でシステムにログインできるようになります。