Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.6.3. SSH ベースの認証の使用

1.6.3.1. SSH ベースの認証の概要およびシステムセキュリティーの強化方法

別のコンピューターとの通信の安全性を確保したい場合は、SSH ベースの認証を使用できます。

SSH (Secure Shell) は、クライアントとサーバーとの間の通信を容易にし、SSH を実行するホストシステムにユーザーがリモートでログインできるようにするプロトコルです。SSH は接続を暗号化します。クライアントは、暗号化した認証情報をサーバーへ送信します。セッション中に送受信したすべてのデータは暗号化されて転送されます。

SSH は、パスワードなしでユーザーが認証できるようにします。SSH で、公開鍵/秘密鍵のスキームを使用してこれを行います。

SSH の保護手段に関する詳細は、「主な特長」 を参照してください。