Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.7.2. 任意のメール通知の設定

デフォルトでは、yum-cron サービスは cron を使用して、実行したコマンドの出力を含むメール送信を行います。このメールは cron 設定に従って送信されますが、通常はローカルのスーパーユーザー、および /var/spool/mail/root ファイルに設定されているユーザーに送信されます。

すべての cron ジョブに影響する設定とは異なり、特定のメール設定を使用できます。ただし、このメール設定では TLS および全体のメールの組み込みロジックはサポートされません。

yum-cron の組み込みメール通知を有効にするには、以下を実行します。

  1. 選択した yum-cron 設定ファイルを開きます。

    /etc/yum/yum-cron.conf
    日次タスクの場合。
    /etc/yum/yum-cron-hourly.conf
    1 時間ごとのタスクの場合。
  2. [emitters] セクションで、以下のオプションを設定します。

    emit_via = email
  3. 必要に応じて、email_fromemail_toemail_host オプションを指定します