Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.6.2.2. SELinux の状態の確認

デフォルトでは、SELinux は、インストール時には Permissive モードで動作し、インストールが完了すると Enforcing モードで動作します。

ただし、SELinux を明示的に Permissive モードに設定している場合や、インストール済みのオペレーティングシステムで無効になっている場合もあります。これは、たとえば、キックスタート設定で設定できます。キックスタートファイルにおける SELinux 設定オプションの概要は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

重要

Red Hat は、Enforcing モードでシステムを使用することを推奨します。

現在の SELinux モードを表示し、必要に応じてモードを設定するには、以下を実行します。

SELinux の状態の確認

  1. 現在有効な SELinux モードを表示します。

    ~]$ getenforce
  2. 必要に応じて SELinux モードを切り替えます。

    切り替えは、一時的または永続的を選択できます。一時的な切り替えでは、システムを再起動すると設定が元に戻りますが、永続的に切り替えると、システムの再起動後もその設定が持続します。

    • 一時的に Enforcing モードまたは Permissive モードのいずれかに切り替えるには、以下を実行します。

      ~]# setenforce Enforcing
      ~]# setenforce Permissive
    • SELinux モードを永続的に設定するには、/etc/selinux/config 設定ファイルで SELINUX 変数を変更します。

      たとえば、SELinux を Enforcing モードに切り替えるには、以下のように設定します。

      # This file controls the state of SELinux on the system.
      # SELINUX= can take one of these three values:
      #   enforcing - SELinux security policy is enforced.
      #   permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
      #   disabled - No SELinux policy is loaded.
      SELINUX=enforcing