Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.6. ファイアーウォール、SELinux、および SSH ログインを使用したシステムセキュリティーの強化

コンピューターセキュリティーとは、盗難やダメージからハードウェア、ソフトウェア、または情報を保護したり、提供するサービスの中断や誤りからコンピューターシステムを保護したりすることです。したがって、コンピューターセキュリティーの保護は、機密データやビジネストランザクションを扱う企業だけではなく、すべてのお客様に欠かせないタスクになります。

コンピューターのセキュリティーには、多種多様の機能およびツールがあります。本セクションでは、オペレーティングシステムのインストール後に設定が必要な基本的なセキュリティー機能のみを説明します。Red Hat Enterprise Linux 7 のセキュリティー保護に関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。

1.6.1. ファイアウォールが有効で実行しているのを確認

1.6.1.1. ファイアウォールの概要およびシステムセキュリティーの強化方法

ファイアウォールは、既定のセキュリティールールに基づいてネットワークトラフィックの送受信の監視および制御を行うネットワークセキュリティーシステムです。ファイアウォールは、通常、信頼できる安全な内部ネットワークと、その他の外部ネットワークとの間に壁を作ります。

Red Hat Enterprise Linux 7 では、firewalld サービスがファイアーウォールを提供します。ただし、キックスタート設定などでサービスを明示的に無効にした場合は、「ファイアウォールサービスの再有効化」 の説明に従って再度有効にできます。Kickstart ファイルにおけるファイアーウォールの設定オプションの概要は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

1.6.1.2. ファイアウォールサービスの再有効化

インストール後に firewalld サービスが無効になっている場合は、再度有効にすることを Red Hat は推奨します。

一般ユーザー権限で、firewalld の現在のステータスを表示します。

~]$ systemctl status firewalld

firewalld が無効で未実行の場合は、root ユーザーに切り替えて、そのステータスを変更します。

~]# systemctl start firewalld
~]# systemctl enable firewalld

firewalld に関するインストール後の手順は『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。ファイアーウォールの設定および使用に関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。