Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.9.4. バックアップソフトウェアを使用して ReaR を設定するクイックスタート

ReaR には、NETFS と呼ばれる、完全に統合されたビルトインまたは内部のバックアップメソッドが含まれます。

ReaR が内部のバックアップメソッドを使用するように設定するには、/etc/rear/local.conf ファイルに以下の行を追加します。

BACKUP=NETFS
BACKUP_URL=backup location

/etc/rear/local.conf に以下の行を追加すると、新規バックアップの作成時にこれまでのバックアップアーカイブを維持しておくように ReaR を設定できます。

NETFS_KEEP_OLD_BACKUP_COPY=y

増分バックアップ (実行するたびに変更されたファイルのみがバックアップされる) を設定する場合は、以下の行を /etc/rear/local.conf に追加します。

BACKUP_TYPE=incremental

ReaR NETFS の内部バックアップメソッドの使用方法は、「ビルトインバックアップの場合」 を参照してください。

サポートされる外部バックアップメソッドおよびサポート対象外のバックアップメソッドの詳細は、「サポート対象のバックアップメソッド」 および 「サポート対象外のバックアップメソッド」 を参照してください。