Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3. 印刷設定

Print Settings ツールを使用すると、プリンター設定、プリンター設定ファイルの管理、印刷スプールディレクトリー、印刷フィルター、プリンタークラスの管理ができます。

このツールは CUPS (Common Unix Printing System) を基本にしています。CUPS を使用した以前の Red Hat Enterprise Linux バージョンからシステムをアップグレードする場合、アップグレードプロセスは設定を行ったプリンターの設定を保持します。

重要

cupsd.conf の man ページには、CUPS サーバーの設定が記載されています。これには、SSL サポートを有効にするためのディレクティブが含まれています。ただし、CUPS では使用されるプロトコルバージョンのコントロールが許可されません。Resolution for POODLE SSLv3.0 vulnerability (CVE-2014-3566) for components that do not allow SSLv3 to be disabled via configuration settings (設定から SSLv3 を無効にできないコンポーネントで POODLE SSLv3.0 脆弱性 (CVE-2014-3566) を解決する方法) に説明されている脆弱性により、Red Hat はセキュリティー保護のためにこれに依存しないことを推奨しています。stunnel を使用してセキュアなトンネルを提供し、SSLv3 を無効にすることが推奨されます。stunnel の使用方法についての詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド を参照してください。

リモートシステムの 印刷設定 ツールへのアドホックのセキュアな接続は、「X11 転送」 の説明に従って、SSH で X11 転送を使用します。

注記

CUPS Web アプリケーションまたはコマンドラインから直接、同一および追加の動作をプリンターで実行できます。Web ブラウザーでアプリケーションにアクセスするには http://localhost:631/ を開いてください。CUPS マニュアルについては、この Web サイトの Home タブのリンクからご覧ください。

16.3.1. 印刷設定の設定ツールの起動

印刷設定 設定ツールを使用すると、既存のプリンターで様々な操作を実行したり、新規プリンターを設定できます。CUPS を直接使用することもできます (CUPS web アプリケーションにアクセスするには http://localhost:631/ を開きます)。

コマンドラインから Print Settings ツールを起動するには、シェルプロンプトで system-config-printer と入力します。この結果、印刷設定 ツールが表示されます。もしくは、GNOME デスクトップを使用している場合は、Super キーを押してアクティビティーの概要に入り、Print Settings と入力し、Enter を押します。この結果、印刷設定 ツールが表示されます。Super キーはキーボードまたはその他のハードウェアに応じて様々なキーで表示されますが、多くの場合、Windows または Command キーとして通常は Spacebar の左側に表示されます。

図16.1「印刷設定ウィンドウ」 に記載されている 印刷設定 ウィンドウが表示されます。

図16.1 印刷設定ウィンドウ

印刷設定の構成ウィンドウ