Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.5. インタラクティブモードでのサポートケースの作成および更新

手順8.2 インタラクティブモードでの新しいサポートケースの作成

インタラクティブモードで新しいサポートケースを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. 以下のコマンドを入力してツールを起動します。
    ~]# redhat-support-tool
  2. opencase コマンドを入力します。
    Command (? for help): opencase
  3. 画面に表示されたプロンプトに従って製品とバージョンを選択します。
  4. ケースの要約を入力します。
  5. ケースの説明を入力し、完了したら空の行で Ctrl+D を押します。
  6. ケースの重大度を選択します。
  7. オプションで、サポートケースを作成する前に、この問題のソリューションが存在するかどうかを確認することを選択します。
  8. サポートケースを作成することを確定します。
    Support case 0123456789 has successfully been opened
  9. オプションで、SOS レポートを添付することを選択します。
  10. オプションで、ファイルを添付することを選択します。

手順8.3 インタラクティブモードでの既存のサポートケースの表示および更新

インタラクティブモードで既存のサポートケースを表示および更新するには、以下の手順を実行します。
  1. 以下のコマンドを入力してツールを起動します。
    ~]# redhat-support-tool
  2. getcase コマンドを入力します。
    Command (? for help): getcase case-number
    case-number は、表示および更新するケースの番号です。
  3. 画面に表示されたプロンプトに従ってケースを表示し、コメントを変更または追加して、添付ファイルを取得または追加します。

手順8.4 インタラクティブモードでの既存のサポートケースの変更

インタラクティブモードで既存のサポートケースの属性を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. 以下のコマンドを入力してツールを起動します。
    ~]# redhat-support-tool
  2. modifycase コマンドを入力します。
    Command (? for help): modifycase case-number
    case-number は、表示および更新するケースの番号です。
  3. 変更の選択リストが表示されます。
    Type the number of the attribute to modify or 'e' to return to the previous menu.
     1 Modify Type
     2 Modify Severity
     3 Modify Status
     4 Modify Alternative-ID
     5 Modify Product
     6 Modify Version
    End of options.
    画面に表示されたプロンプトに従って 1 つまたは複数のオプションを変更します。
  4. たとえば、ステータスを変更する場合は、3 と入力します。
    Selection: 3
     1   Waiting on Customer                                                        
     2   Waiting on Red Hat                                                         
     3   Closed                                                                     
    Please select a status (or 'q' to exit):