Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. ネットワークアクセスの設定および検査

通常、ネットワークアクセスはインストールプロセス中に設定されます。しかし、インストールプロセスでは、一部の共通インストールパスでネットワークインターフェースの設定を求めるプロンプトは表示されません。その結果、インストール後にネットワークアクセスが設定されていない可能性があります。その場合は、インストール後にネットワークアクセスを設定します。

インストール時にネットワークアクセスを設定するクイックスタートは 「インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定」 を参照してください。インストール後にネットワークアクセスを設定するには、『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されている nmcli コマンドラインユーティリティーか、『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されている テキスト形式のユーザーインターフェースユーティリティー nmtui のいずれかを使用できます。

nmcli および nmtui ユーティリティーは、1 つ以上の新しいネットワーク接続を追加するだけでなく、既存接続の変更および調査も可能にします。nmcli を使用してネットワーク接続を作成し、管理する場合は、「nmcli を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理」 を参照してください。nmtui を使用してネットワーク接続を作成し、管理する場合は、「nmtui を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理」 を参照してください。

1.2.1. インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定

インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定方法

  • Anaconda インストールプログラムにおけるグラフィカルユーザーインターフェースの「インストール概要」画面に表示される ネットワークとホスト名 メニュー
  • Anaconda インストールプログラムのテキストモードの ネットワーク設定 オプション
  • キックスタートファイル

インストール完了後に初めてシステムを起動すると、インストール中に設定したネットワークインターフェースが自動的にアクティブになります。

インストールプロセス中のネットワークアクセスの設定に関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。