Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. ネットワークアクセスの設定および検査

通常、ネットワークアクセスはインストールプロセス中に設定されます。しかし、インストールプロセスでは、一部の共通インストールパスでネットワークインターフェースの設定を求めるプロンプトは表示されません。その結果、インストール後にネットワークアクセスが設定されていない可能性があります。その場合は、インストール後にネットワークアクセスを設定します。
インストール中のネットワークアクセスの設定に関するクイックスタートは 「インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定」 を参照してください。インストール後にネットワークアクセスを設定するには、『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されている nmcli コマンドラインユーティリティーか、『 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されている テキスト形式のユーザーインターフェースユーティリティー nmtui のいずれかを使用できます。
nmcli ユーティリティーと nmtui ユーティリティーは、1 つ以上の新しいネットワーク接続を追加するだけでなく、既存接続の変更および調査も可能にします。nmcli を使用してネットワーク接続を作成し、管理する場合は「nmcli を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理」を参照してください。nmtui を使用してネットワーク接続を作成し、管理する場合は「nmtui を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理」を参照してください。

1.2.1. インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定

インストールプロセス時のネットワークアクセスの設定方法
  • Anaconda インストールプログラムのグラフィカルユーザーインターフェースの Installation Summary 画面での Network & Hostname メニュー
  • Anaconda インストールプログラムのテキストモードにおける Network settings オプション
  • キックスタートファイル
インストール完了後に初めてシステムを起動すると、インストール中に設定したネットワークインターフェースが自動的にアクティブになります。
インストールプロセス中のネットワークアクセスの設定に関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

1.2.2. nmcli を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理

nmcli ユーティリティーを使用してネットワーク接続を管理するには、root として以下のコマンドを実行します。
新規の接続を作成するには、以下を実行します。
~]# nmcli con add type type of the connection "con-name" connection name  ifname ifname interface-name the name of the interface ipv4 address ipv4 address gw4 address gateway address
既存の接続を修正するには、以下を実行します。
~]# nmcli con mod "con-name"
すべての接続を表示するには、以下を実行します。
~]# nmcli con show
アクティブな接続を表示するには、以下を実行します。
~]# nmcli con show --active
特定の接続のすべての設定を表示するには、以下を実行します。
~]# nmcli con show "con-name"
nmcli コマンドラインユーティリティーに関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』の「NetworkManager コマンドラインツール (nmcli) の使用」を参照してください。

1.2.3. nmtui を使用したインストールプロセス後のネットワーク接続管理

NetworkManager のテキスト形式のユーザーインターフェース (TUI) ユーティリティーである nmtui は、NetworkManager を制御するテキストインターフェースを提供してネットワークを設定します。
テキスト形式のインターフェースツールである nmtui のインストールおよび使用に関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照してください。

1.2.4. Cockpit でのネットワーキング管理

CockpitNetworking メニューを使用すると、以下を実行できます。
  • 最近送受信したパケットの表示
  • 利用可能なネットワークインターフェースの最も重要な特徴の表示
  • ネットワーキングログのコンテンツの表示
  • ネットワークインターフェースの様々なタイプ (ボンディング、チーム、ブリッジ、VLAN) の追加
Cockpit でのネットワーキング管理

図1.1 Cockpit でのネットワーキング管理