1.5. 起動時の systemd サービスの開始

systemd は、Linux オペレーティングシステム用のシステムおよびサービスのマネージャーで、systemd ユニットの概念が使用されています。systemd に関する詳細は 「systemd の概要」 を参照してください。

本セクションでは、システムの起動時にサービスを有効または無効にする方法を説明します。また、Cockpit を使用してサービスを管理する方法も説明します。

1.5.1. サービスの有効化/無効化

インストールプロセス時に、システムの起動時に有効または無効にするサービスを設定できます。インストール済みのオペレーティングシステムでサービスを有効または無効にすることもできます。

インストールプロセスで、システムの起動時に有効または無効にするサービスの一覧を作成する場合は、キックスタートファイルの services オプションを使用します。

services [--disabled=list] [--enabled=list]
注記

無効にするサービスの一覧は、有効にするサービスの一覧の前に処理されます。したがって、同じサービスが両方の一覧に記載されていると、そのサービスは有効になります。サービスの一覧はコンマ区切りのフォーマットで指定する必要があります。サービスの一覧には空白文字を使用しないでください。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

インストール後に、オペレーティングシステムのサービスを有効または無効にするには、以下を実行します。

~]# systemctl enableservice_name
~]# systemctl disableservice_name

詳細は、「システムサービスの管理」 を参照してください。

1.5.2. Cockpit でのサービス管理

systemd ターゲット、サービス、ソケット、タイマー、およびパスを管理するには、CockpitServices を選択します。ここでステータス確認、開始または停止、もしくは有効化または無効化を設定できます。

図1.2 Cockpit でのサービス管理

systemd n

1.5.3. systemd サービスのその他のリソース

systemd に関する詳細は 10章systemd によるサービス管理 を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。